スタッフからのお知らせ

自動車とリチウムイオンバッテリー

つい先日、吉野彰教授がリチウムイオン電池の開発でノーベル化学賞を受賞しました。

 

リチウムイオンバッテリーと言えば、携帯電話、ノートパソコン、デジカメなど、様々なモバイル機器に使われており、今や私たちの生活に欠かせないものとなっていますが、自動車においてもリチウムイオンバッテリーの活躍の場があります。

 

lithium-ion-battery

 

ノーベル化学賞受賞により、改めて注目されているリチウムイオンバッテリー。
自動車との関係性はどうなのでしょうか。

 

自動車でのリチウムイオンバッテリーの利用

石油燃料を使うことによる環境問題や、車の燃費を向上させるなどの目的から、自動車でも電気が活躍するようになりました。

 

ハイブリッドカーやEVなどは基本的にリチウムイオンバッテリーが使われています。

 

ちなみに一般的な車に積まれているバッテリーは鉛蓄電池ですが、これらのバッテリーも実はリチウムイオンバッテリーに交換することが可能です。

鉛バッテリーは安定した性能を出しますが、放電効率が良くないことがデメリットとして挙げられます。

 

鉛バッテリーと比較して、リチウムイオンバッテリーは小型軽量で高出力という点が特長で、さらに急速充電も可能。

寿命も10年ほどと長くなっていますが、その分価格も高いです。

 

性能だけを見るとリチウムイオンバッテリーは優秀に思われますが、安易に鉛バッテリーをリチウムイオンバッテリーに交換するのには危険性があります。

リチウムイオンバッテリーは過充電・過放電等で発火する恐れがあり、自動車側のコントローラー(つまりバッテリーの状況をコンピューターがどれだけ正確に把握し、処理しているか)がしっかりしていないと、思わぬ事故に繋がる可能性があるのです。

 

 

リチウムイオンバッテリーはプラスとマイナスの間をリチウムイオンが流れるという構造で、材質などは特定のものは決まっておらず、各メーカーによってさまざまで、特性もいろいろなものがあります。

 

 

ev_car_illust

 

 

自動車とリチウムイオンバッテリーの未来

しかし、電気自動車が徐々に主流になってきた今、今後の展開として動力用のリチウムイオンバッテリーがこれまで以上に普及し、標準化されていくのは間違いないでしょう。

 

ガソリン代と比較しても、電気自動車の電気代のほうが安いですから、もっと開発や普及が進んだ場合には今より乗りやすくなっているはずです。

 

今後のリチウムイオンバッテリーの展望から目が離せませんね。


あいおいニッセイ同和損保 富士火災海上保険 GooPit(グーピット) JOYCAL宮城(ジョイカル宮城)
いとくるま

【ZACグループの主要営業エリア】

苦竹はもちろん、小鶴新田、日の出町、扇町、卸町、若林、遠見塚などにお住いのお客様にごひいきにしていただいております。
宮城野、原ノ町、榴ヶ岡、大和町の会社にお勤めの方は行きや帰りに立ち寄るなどしてご利用いただくと便利です。
苦竹~小鶴新田周辺、若林周辺、遠見塚周辺で整備工場をお探しなら、ZAC苦竹店、ZAC若林店、ZAC遠見塚店をご利用ください。