お知らせ一覧

車検を受ける時の認証工場と指定工場の違い

車検を受けることができる工場には、認定工場指定工場という2つの種類があるのをご存知でしたでしょうか?

日頃意識して車検に出している人もいるかも知れませんが、知らない人にとっては指定工場で車検を受ける場合と認証工場で車検を受ける場合には何がどう違うのかさっぱり分かりませんよね。

そこで、今回はこの認証工場と指定工場の違いと、それぞれで車検を受けた場合にどのような点で変わってくるのか、また、ディーラー車検と民間整備工場の車検では何が違うのかということも合わせてご紹介していきたいと思います。

 

認証工場と指定工場

 自動車の「分解整備」(※)を行おうとする場合は、地方運輸局長の「認証」を受けなければなりません(道路運送車両法第78条第1項)。この「認証」を受けた工場を「認証工場」と言います。
また、認証工場のうち、設備、技術、管理組織等について一定の基準に適合している工場に対して、申請により、地方運輸局長が指定自動車整備事業の指定をしています。この「指定」を受けた工場を「指定工場」と言います(一般には「民間車検場」又は「民間車検工場」とも呼んでいます。道路運送車両法第94条の2第1項)。
(※)「分解整備」とは、原動機、動力伝達装置、走行装置、操縦装置、制動装置、連結装置を取り外して行う自動車の整備又は改造をいいます(道路運送車両法第49条第2項、同施行規則第3条)。

引用元(国土交通省:https://www.mlit.go.jp/jidosha/ninshoutoshiteinochigai.html

 

ちょっと分かりづらいですが、要は、
・車の整備には地方運輸局長の認証が必要
・認証を受けた工場を「認証工場」という
・認証工場の中でも一定の基準を満たし、指定を受けた工場を「指定工場」という
ということです。

この認証工場と指定工場の共通点は
・自動車の分解整備できるスペースと設備を備えている
・国家2級の整備士を有する
という点です。

これらの工場にはプレートが掲げられているので、確認してみるとよいかと思います。

 

認証工場の特長

認証工場の特長を見ていきましょう。

・点検整備はできる
・車検ラインを持っていない
・車検時には車両を車検場に持ち込んで検査をする

 

指定工場の特長

一方指定工場は次のような特長があります。

・一定の基準を満たしている工場の申請により、指定自動車整備事業として指定されている
・車検ラインを自社工場に持っている
・車検場に持ち込みしなくていいので、車検を早く済ませることができる

ディーラーや車検専門業はほとんどが指定工場となっています。

 

car_syaken_seibi

 

認証工場と指定工場での車検の違い

認証工場と指定工場の一番の違いは車検ラインがあるかないかという違いになります。

認証工場と指定工場が車検においてどのような影響があるかというと、
・料金が変わってくる
・車検にかかる時間が変わってくる
・信頼性の違い
とかになってきます。

そもそも車検は「2年後の車検まで故障を起こさずに乗ることができるか?」を検査するわけではなく、「国が定める保安基準を現時点でクリアしているか?」を検査するものであるため、認証工場の場合には車検を通すための整備、点検だけでいいと言えば、不要な部分をカットしてくれる可能性があります。
その分認証工場は指定工場と比べると比較的安く料金を済ませることができる傾向にあるようです。

一方で指定工場はこうはいきません。指定工場は工場内の車検ライン内で車検を通すことができますが、整備不良なもので車検を通してしまうと最悪の場合営業停止とされてしまう可能性があるため、厳しい基準で検査を行っています。認証工場はある程度融通が利きますが、指定工場は営業停止とされる恐れがあるためグレーな場合には車検を通しません。
信頼性の観点から言えば、指定工場のほうが信頼できると言えます。

また、認証工場は車検ラインを持っていないため車検に時間がかかってしまうことが多いですが、指定工場では工場内で検査までできるので、比較的早く終わります。

 

どちらの工場で車検を受けるべきか

以上の内容をふまえ、認証工場と指定工場どちらで車検を受けるべきかをまとめてみます。

 

【認証工場の車検におすすめの人】
・費用を抑えたい人
→費用が安い場合があるので、あまりお金をかけたくないという場合には安く済ませられるかもしれません。

・ほとんど車を使わない人
→普段あまり車を使用しておらず、とりあえず車検を通せればいいようない人は認証工場でも十分でしょう。

・車が数日手元になくても困らない人

時間がかかってもいいので、安く済ませたい。もしくは知り合いに頼れる整備士がいるなんて方は認証工場で車検を受けたほうが融通がききやすくていいかもしれません。

 

【指定工場の車検におすすめの人】
・信頼できるところにお願いしたい人
→十分なスペースや設備など厳しい認定基準があるため、安心して任せられるでしょう。

・早く車検を終わらせたい人
→車検ラインを持っているので、早いところだと即日で車検を終えることができます。

 

ディーラー系整備工場と民間整備工場どっちで車検を受ける?

指定工場の中でも、ディーラー系整備工場と民間整備工場どっちで車検を受けるのがいいのでしょうか?

ディーラーというのは新車中古車問わず車を販売している事業者のことを言います。
特定のメーカーと契約しており、そのメーカーの車を専門としています。

 

ディーラー車検の特長

ディーラーは車の販売が本業ですが、特定の車メーカーとの強いつながりをもっているため、純正の製品を使うなどブランドに対する信頼性があります。
そのメーカーについてはどこよりも詳しいと言えるでしょう。また、コンピュータ系の整備にも強くすべて対応してくれます。
一方で、純正パーツを使うこともあり、高く付く場合がほとんどです。

 

民間車検の特長

民間の整備工場は自動車メーカーにこだわることなく、修理や点検整備を行ないます。ディーラーと比較すると安く対応してくれる傾向にあるのも特長です。
メーカー専門では無いですが、自動車の整備が専門であるため安く済ませられる割にしっかりと整備してもられるでしょう。

 

 

個々人のニーズによって最適な車検は異なりますので、自分にとってベストな選択をしましょう。
この記事でどこで車検を受けるかの参考になれば幸いです。

 

 

ZACでも車検を行っています。
仙台での車検ならZAC


あいおいニッセイ同和損保 富士火災海上保険 GooPit(グーピット) JOYCAL宮城(ジョイカル宮城)
いとくるま

【ZACグループの主要営業エリア】

苦竹はもちろん、小鶴新田、日の出町、扇町、卸町、若林、遠見塚などにお住いのお客様にごひいきにしていただいております。
宮城野、原ノ町、榴ヶ岡、大和町の会社にお勤めの方は行きや帰りに立ち寄るなどしてご利用いただくと便利です。
苦竹~小鶴新田周辺、若林周辺、遠見塚周辺で整備工場をお探しなら、ZAC苦竹店、ZAC若林店、ZAC遠見塚店をご利用ください。