お知らせ一覧

車検で必要なものは?自動車税の支払いや車検費用の準備も忘れずに!

車検の時期が近づいてきたからそろそろ準備しないとなぁ…

「あれ、車検で必要なものなんだったっけ…?」

という方に向けて、必要なものをまとめました!

 

さて、車検には2つの手続方法があるのをご存知でしょうか?
1つは、業者に依頼する場合です。
車検を受け付けているお店には「ディーラー」「車検専門業者」「民間整備工場」「カー用品店」「ガソリンスタンド」などがあります。
もう1つはユーザー車検といって、自動車の持ち主自身がする車検のことです。

業者に依頼する場合の車検とユーザー車検とでは必要なものが異なってきますが、ほとんどの人がお店にお願いしていると思うので、ここでは業者に依頼する場合に必要になるものをまとめます。
ユーザー車検での必要なものをお探しの方は別途調べてみてください。

 

車検に必要なもの

車検に必要なものは以下のとおりです。

  • 車検証
  • 自動車損害賠償責任保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • 認印・その他
  • 車検費用

それではひとつずつみていきます。

 

車検証

車検証は自動車が保安基準に適合していることを証明する書類です。
車検証は自動車を運転するときには、携行が義務付けられていますので、自動車の中に保存しているはずです。
よっぽどの事情がない場合には、ほとんどの方が助手席にあるグローブボックスの中に入れているかと思います。ファイルに入れられているやつですね。

車検前にはちゃんとあるかどうか確認しておきましょう。

syakensyou02

 

自動車損害賠償責任保険証明書

俗に言う自賠責保険の証明書です。
この保険は強制保険なので、必ず加入しているはずの保険です。任意保険とは違いますので注意しましょう。
この証明書も殆どの場合、車検証が入っているファイルと一緒に保管されていると思いますのでこちらも要確認です。

なお、自賠責保険証明書を携行せずに公道を走っていることが発覚した場合には30万円以下の罰金が課せられることがあります。

jibaiseki

 

自動車納税証明書

自動車の所有者は、年に1回自動車税を納税することが義務付けられています。
自動車納税証明書は、その自動車税の納税がなされているかを確認するための証明書です。

 

毎年5月に管轄の自動車税事務所などから自動車税納税通知書と一緒に送られてきます。支払用紙にくっついているやつです。

納税を完了させると自動車納税証明書が発行されます。領収印がしっかりと押されていることを確認してください。
支払いが完了したからといって、安心して捨ててしまわないよう気をつけましょう。

 

ただし、下記の条件の場合には、自動車税納税証明書は不要になりました。
・普通車(軽自動車の場合は必要)
・自動車税を滞納していない
・自動車税を納付してから、3週間程度は経過している

 

これはなぜかと言いますと、納税確認が電子化されるようになったからなんですね。
ただし、納税してから管理システムに反映されるまで3週間程度時間が必要になるため、納税時期と車検時期が近い場合には納税証明書を手元に用意しておいたほうが安心でしょう。
また、軽自動車の場合には必ず納税証明書がいるので注意が必要です。

 

以前は金融機関や県税事務所の窓口、コンビニなどで納税していた自動車税ですが、ここ最近ではクレジットカードでの支払いやペイジーでの納付も可能になっています。
クレジットカード払いやペイジー払の場合には、納税証明書は発行されませんので、急ぎの場合にはこれらの支払い方法を選択しないように気をつけてください。

ちなみに納税証明書は紛失してしまった場合には、陸運局か自動車税管理事務所、都道府県の税事務所にて再発行することができます。

 

その他使用者の認印など

その他に提出書類に押印するための認印が必要になります。
厳密には個人の場合には自筆の署名でも可能な場合もあるのですが、準備しておくに越したことはないでしょう。
また、シャチハタは原則として認められませんので、認印を用意します。

hanko

 

その他、ホイール盗難防止のためにホイールナットをつけている方は、外すためのアダプターを用意しておきましょう。

 

車検費用の費用項目について

そして何より忘れてはいけないのが、車検にかかる費用です。
車検にかかってくる費用はなかなかバカにならないので、事前にある程度準備しておく必要があります。

車検にかかる費用には税金等の法定費用と点検整備費用があります。

syakenhiyou

 

◆税金等の法定費用
・自動車重量税
・自賠責保険料
・検査手数料

 

これらが法定費用です。
自動車の種類によって法によって金額がそれぞれ定められているので、変更使用のない部分です。

 

◆点検・整備費用
点検や整備などにかかる費用です。
この費用は業者によってそれぞれ異なる部分なので、自分にあったベストな業者を選択したり、費用を抑えることもできます。

 

車検にかかる費用は車の種類や状況によって様々ですが、平均で10万円くらいかかります。
部品の交換が必要であったりすると、30万円以上かかるなんてこともあります。

どうしても車検費用を用意できない場合には、分割払いに対応してくれるところもあるようなので車検業者に分割払いの相談をしてみましょう。

車検で思わぬ出費になり払えなくて困ってしまった…なんてことにならないように、早め早めに準備するようにしましょうね。

 

※車検が切れた状態では絶対に車を運転しないようにしましょう。
車検の期間はどれくらい?車検が切れたらどうなるの?

 

 

ZACでも車検を行っています。
仙台での車検ならZAC


あいおいニッセイ同和損保 富士火災海上保険 GooPit(グーピット) JOYCAL宮城(ジョイカル宮城)
いとくるま

【ZACグループの主要営業エリア】

苦竹はもちろん、小鶴新田、日の出町、扇町、卸町、若林、遠見塚などにお住いのお客様にごひいきにしていただいております。
宮城野、原ノ町、榴ヶ岡、大和町の会社にお勤めの方は行きや帰りに立ち寄るなどしてご利用いただくと便利です。
苦竹~小鶴新田周辺、若林周辺、遠見塚周辺で整備工場をお探しなら、ZAC苦竹店、ZAC若林店、ZAC遠見塚店をご利用ください。