お知らせ一覧

消費増税と税改正で車購入費用と税金はどうなるか

2019年10月より消費税が10%になりましたね。

「クルマを買おうと思っていたけど、増税前に買えなかったー!!」なんて方もいるのではないでしょうか。

 

さて、増税に伴い2019年10月からは新車の購入もそのまま2%消費税が増えた…という形になるのでしょうか。

実はそうでもありません。

消費増税だけでなく、税制改正もあったとのことで、自動車購入にかかる税金についてお話します。

 

car_cost

 

 

自動車取得税と環境性能割

変わったのは消費税だけでは有りません。

実は2019年10月からは自動車取得税が廃止になりました。

廃止になったからといって喜ぶことなかれ。

代わりに「環境性能割」という税金が導入されました。

 

環境性能割は燃費課税とも呼ばれるもので、購入するクルマの燃料基準によって課せられる税金が変わります。

まぁ早い話が「燃費のいい車は優遇して、燃費の悪い車は税金たくさん取るよ」ってことです。

「割」と言っていますが、燃費のいい場合に課税率が割引されるだけで、税金自体が割引されるわけではないのでご注意を。

2020年の燃費基準を達成している車は2%、「+10%」達成車は1%、「+20%」達成車は非課税、それ以外は3%の税率が適用されます。

ただし制度の導入から1年間(2019/10/01~2020/09/30)は税率が1%軽減となるので、若干お得となります。

 

自動車税は引き下げに

自動車税も変更があります。

2019年10月以降に購入したクルマから、毎年かかる自動車税が引き下げられます。

これは、2019年10月以降に購入した自動車のみに適用されるので、それ以前に取得した自動車に関しては関係ありません。

 

さて、どれくらい引き下げになるかというと、排気量によって4500円~1000円/年の引き下げとなります。

排気量が低ければ低いほど、軽減される額は多く、1000cc以下の自動車で4,500円/年も安くなるのです。

 

自動車税も要は「環境にいいやつはオトク!」ということなんですね。

 

car_row

 

増税後の購入のほうがお得なパターンも!

以上が税制の変更になりますが、安くなっている部分もあるので、場合によっては増税前よりもお得になるパターンがあります。

 

それは、低価格・低排気量のクルマの場合です。

まず低価格の場合には消費増税分の2%はあまり大きな額にはなりません。

つまり値上がり分はそこまで多くない。

一方で、低排気量で燃費が良かったり環境にいい車だったりすると、従来あったはずの自動車取得税に取って代わった「環境性能割」も非課税となり、さらに自動車税も毎年最大4,500円お得になります。

 

このように増税による増加分を、新制度の税制によりカバーできる場合もあります。

「お得な増税前に買い損ねた…」という方。

もしかしたらまだまだ遅くはないかもしれません。

 


あいおいニッセイ同和損保 富士火災海上保険 GooPit(グーピット) JOYCAL宮城(ジョイカル宮城)
いとくるま

【ZACグループの主要営業エリア】

苦竹はもちろん、小鶴新田、日の出町、扇町、卸町、若林、遠見塚などにお住いのお客様にごひいきにしていただいております。
宮城野、原ノ町、榴ヶ岡、大和町の会社にお勤めの方は行きや帰りに立ち寄るなどしてご利用いただくと便利です。
苦竹~小鶴新田周辺、若林周辺、遠見塚周辺で整備工場をお探しなら、ZAC苦竹店、ZAC若林店、ZAC遠見塚店をご利用ください。